使用した相鉄いずみ野線沿線の野菜

・にんじん
・小松菜

隠し味や調理の仕方のこだわりポイント

茹でた野菜に調味料を加えるだけなのでとても簡単で彩りも綺麗。

ひき肉にコチジャンを加えるとピリ辛で、小松菜の味が引き立ち、食欲をそそります。

材料(4人分)

・小松菜 1束
・にんじん 1本
・もやし 1袋
・ごま油 大1
・鶏がらスープの素 小1
・塩と胡椒
・いりごま 適量

・ひき肉(豚or合挽きor鶏) 400g
・醤油 大1
・酒 大1
・みりん 大1
・コチジャン 大2分の1
・温泉卵 4個

作り方

1.小松菜は5㎝くらいに切り茎と葉を分けておく。人参は千切り
2.大きめのお鍋(パスタ用のお鍋が便利)にお湯を沸かし順番に野菜を茹でます。同じお湯で茹でてしまえば楽ちんで時短にもなります
3.小松菜は茎から入れ30秒くらいで葉を入れる。どの野菜も1分ほど茹でてザルにあげ、お湯をきったらボールに入れ調味料と和える
4.フライパンを熱し油は引かずひき肉を炒める。余計な油はキッチンペーパーで拭き取り調味料を加えて汁がなくなるまで炒める
5.ごはんの上にナムルとひき肉のそぼろをのせ、まんなかに温玉を落とす
6.お好みでコチジャンやキムチをのせてください